プログラミングスクール

TechAcademy(テックアカデミー)学習記01【無料体験】

プログラミングのオンラインスクールTechAcademy(テックアカデミー)の無料体験を受けたので、印象や感想をシェアしたいと思います。

マンツーマンでオンラインレッスンが受けられるCodeCamp(コードキャンプ)の学習記もありますので、そちらもぜひ読んで見てください。

ホームページ上の情報だけでは判断しきれない部分もあるので、これらのオンラインスクールの受講を考えている方は、まず無料体験を受けてみてから比較検討してみるといいです。

学習やレッスンで使う教科書を一部ですが閲覧できますし、実際にコードの入力もできるのでスクールの雰囲気もわかるでしょう。

また、メンターや講師の方がレッスンの内容のみならず、学習の進めかたや業界のことまで丁寧に答えてくれますからね。

ビデオチャットによる対面形式で最初は緊張しましたが、みなさん親切ですし入学の勧誘もないですから、安心して無料体験を受けてみてください。

それではよろしくお願いします!

公式サイトはこちら:TechAcademy [テックアカデミー]

TechAcademy(テックアカデミー)とは?

TechAcademy(テックアカデミー)とは、プログラミングやアプリ開発を学べるオンラインスクールです。

現役のプロのパーソナルメンターが学習をサポートするオンラインブートキャンプを開催しています。

いちばんの特徴は「メンター制」「テキストチャットによる質問が無制限」「無制限の課題レビュー」を導入しているところでしょう。最終的にはオリジナルサービスの公開まで目指しているのもいいですね。(詳しくは後述します)

また、企業に対しても教育・研修を行っていて、その数500社、25,000名を超える教育実績があります。

ほんの一部ですが、そうそうたる企業が名を連ねていますね。

これだけでもテックアカデミーのサービスの質の高さが伺えます。

テックアカデミーで受講できるコース・期間

プログラミングコース(期間:4、8、12、16週間)

・Webアプリケーションコース(Rubyなど)

・PHP/Laravelコース

・Javaコース

・フロントエンドコース(HTML/CSS、JavaScript、Bootstrapなど)

・WordPressコース(プログラミング言語はPHP)

・iPhoneアプリコース(swiftなど)

・Andoroidアプリコース(Javaなど)

・Unityコース(C#など)

・はじめてのプログラミングコース(HTML/CSS、PHP、SQLなど)

ニーズの高いプログラミング言語はほとんど学べそうですね。

デザイン(期間:4、8、12、16週間)

・Webデザインコース(HTML/CSS、JavaScript、 Photoshopなど)

・UI/UXデザインコース(Sketch、Photoshopなど)

マネジメント(期間:4、8、12、16週間)

・Webディレクションコース(Web基礎知識、提案書・設計書の作成方法など)

・Webマーケティングコース(Web基礎知識、アナリティクス、SEO、広告の運用など)

デザインやマネジメントコースもあるのはいいですね。というのもプログラミングはAIがやる時代が来るからです。

残念ながら”ただプログラミングができるだけの人”の価値は、これからどんどん下がってしまいます。

IT系の仕事はプログラミングだけではないので、デザインやマネジメントができる人材を目指す・プログラミングと並行してデザインも学習するのが、今後仕事をしていく上での武器になると思います。

トレーニングコース(期間:2週間のみ)

・HTML/CSSトレーニング

・Bootstrapトレーニング

・GitHubトレーニング

・Photoshopトレーニング

特別コース(期間:4、8、12週間)

・ブロックチェーンコース

・スマートコントラクトコース

・AIコース

・Pythonコース

・Scalaコース

・Node.jsコース

2週間限定のトレーニングコースや、将来性が高く、人気のPython・ブロックチェーンなどを学べる特別コースもありますよ。

またこれらのコースを2セットや3セット一緒に受講できる「セット割り」というコースもあります。

2セット割(期間:8、12、16、24週間)

・Webアプリケーション + フロントエンドセット

・PHP/Laravel + フロントエンドセット

・Webデザイン + WordPressセット

・Webデザイン + Webマーケティングセット

・WordPress + Webマーケティングセット

・ブロックチェーンセット

・Python + AIセット

・iPhoneアプリ + Androidアプリ

・Unity + Androidアプリ

・UI/UXデザイン + iPhoneアプリ

・Webディレクション + Webデザイン

・Webディレクション + Webマーケティング

3セット割(期間:24週間のみ)

・Webアプリ + フロントエンド + Webデザインセット

・PHP/Larabel + フロントエンド + Webデザインセット

セットで受講すると割引になるので、複数のコースの受講を考えている方はセット割りがおすすめです。

完全初心者からランサーズなどでフリーランスを目指すなら、2セット割りの「PHP/Laravel + フロントエンド」、もしくは3セット割りの「PHP + フロントエンド + Webデザイン」あたりを受ければもう充分ですね。

プログラミング・デザイン・マネジメントの計12コースを受け放題の「ウケ放題」というコースもありますね。

メンタリングが受けられない(期間限定で8回分プレゼントしています)、ひとつの言語に集中しにくい、といったデメリットはありますが、格コースを単体で受講した場合に比べて100万以上お得なコースなので、広く学習したい方などにはいいかもしれませんね。

それぞれのコースの料金は公式サイトをご覧ください。

テックアカデミーでの学習の進め方

テックアカデミーでの学習の進め方は以下の通りです。

1. 教材を読んで学習を進める

2. 分からないことがあればテキストチャットで質問(無制限)

3. レッスンごとに設けてある課題の提出

4. メンターによる課題のレビュー(無制限)

5. 週2回のメンタリング

6. オリジナルサービスの公開

1〜5の流れで学習を進めて行き、最終的に6の「オリジナルサービスの公開」を目指します。

それぞれ詳しく見て行きましょう。

1. 教材を読んで学習を進める

教材はこのように下にスクロールさせて読み進めて行きます。

僕個人としては書籍での学習に慣れているので、デジタルの込み入った文章は頭に入りにくく感じるのが、欠点といえば欠点でしょうか。

あと、目が疲れますね(笑)

2. 分からないことがあればテキストチャットで質問(無制限)

画面右下の吹き出しマークからチャットで質問ができます。

15時〜23時の間はメンターが待機しており、通常数分で返信があります。

混雑しているときは少し時間がかかることもあるみたいですね。

僕はこの無制限で質問ができるチャットこそが、テックアカデミーでの学習の肝になると思っています。

とは言え、少し調べれば分かることをすぐに質問するのはいただけません。

メンターは受講生の正しいスキル定着のため、質問にそのまま回答するのではなく、問題解決や気づきにつながるような回答を心がけています。

そのため、質問の際は下記のことを守っていただくようお願いします。
解決がスムーズになるだけでなく、正しい理解にもつながります。

・まずは自分で調べましょう
・調べてみて、どこがわからなかったのか伝えてみましょう
・エラーが出た場合は、原因について仮説を立ててまずは自分で試してみましょう
・それでもだめな場合は、試したことを伝えてみましょう

(公式サイトより転載)

3.レッスンごとに設けてある課題の提出

教材を読み進めていくだけでは理解した気になってしまいがちですし、教材の中に課題の答えがあるとすぐに答えを見てしまいがち。

そもそも分理解した気になっているので、課題は飛ばしてしまうこともあるでしょう(笑)

「課題を提出しないといけない」というのは、なかなかいい仕組みだなと思いました。

課題はCodePen(コードペン)という画像のようなツールを使います。インストールは不要ですぐに使えます。

無料体験の課題は、JavaScriptの「if、eles if」などの条件分岐でした。

テキストエディターにプログラムを入力しすると、実行結果が白い部分に表示されます。今回は「明日の天気は晴れです」と表示されていますね。

では課題に取り掛かりましょう!

・・・・・・・・・・・・

5分ほどで課題終了。

やはり教材を読んだだけでは、プログラムをすんなりとは書けませんね。

書いたプログラムの動作に問題がなかったので、テキストをコピペで貼り付けて課題を提出しました。

う〜ん。やっぱり自分で悩んで答えを出すと、記憶にしっかりと定着するのを感じます。

4. メンターによる課題のレビュー(無制限)

課題を提出した翌日には、レビューが届いていました。

そんなに難しい課題ではなかったのですが、こんなコメントがもらえるのは嬉しいですね〜♪

答えが間違っていたり改善の余地のある場合は、メンターからアドバイスがもらえます。

ここでのポイントは「安易に答えを教えてくれないこと」でしょう。

エンジニアとしてやって行くのであれば、問題を自分で調べて考えるのが非常に大事です。というか、それができなければエンジニアとしてはやっていけません。

テックアカデミーでは「自分で調べて考える習慣」を身に付けさせることに重きを置いていることが伝わってきます。

もちろん課題は合格するまで無制限に提出・レビューが受けられます。

5. 週2回のメンタリング

メンターとのビデオチャットは週2回行われます。

ここで学習者の現在の実力や、目標に合わせたトレーニングメニューを設定します。

無料体験では30分のメンタリングが1回受けられます。

ビデオチャットはこんな画面です。

ブラウザは「Google Chrome」、チャットは「Appear」というツールを使用します。(どちらも無料)

PCにカメラやマイクが付いていない場合は、スマートフォンでもチャットができますので、詳しくは公式サイトをご覧ください。

MacBookであれば内蔵されているカメラとマイクで大丈夫でした。

6. オリジナルサービスの公開

カリキュラムが終了すると、ついにオリジナルサービスの公開です。

僕のように実績のない人がフリーランスを目指すとなると、成果物が絶対に必要です。

就職や転職を考えている人も、もちろん成果物があれば有利ですよね。

その成果物を現役のエンジニアからアドバイスをもらいながら作ることができるので、これは美味しいと思います。

教科書を読み進めて、カリキュラムに沿って学習していくだけではないんですね。

現時点で作りたいサービスが思い浮かばなくてもOK!カリキュラムを進めていけば、きっとサービスのアイデアが浮かんでくるでしょう。

受講期間が過ぎると、メンターからのアドバイスは受けられなくなるので、期間には余裕を持って受講するのがおすすめです。(受講期間の延長は可能ですが追加費用がかかります)

メンターに質問したこと

メンターに質問したことをメモしておきます。

参考になる人もいるのでは、と思います。

ちなみに僕は「PHP/Laravel・フロントエンド・Webデザイン」のセットでの受講前提です。

・・・・・

Q. 「ランサーズなどで仕事を取るのであれば、どのコースがいいでしょう?」

A. 「Web系の、特にホームページを作る案件が多いので、PHP/Laravel・フロントエンドの選択はいいと思います」

Q.「『PHP/Laravel・フロントエンド・Webデザイン』のコースで実務に必要な知識は身に付きますか?」

A.「充分です。あとはRubyを覚えれば、仕事の幅も広がります」

RubyはPHPと同じくWeb系でよく使われる言語ですが、PHPよりもアプリ向きみたいですね。世界的にもPHPと同様に人気のある言語で、平均給与も高い傾向があります。

PHPをしっかりと覚えれば、Rubyは独学でも大丈夫とのことです。

Q. 「職務未経験・実績のないフリーランスでもやっていけますか?」

A. 「やっていけますが、最初が大変ですね。成果物も必要です。最初の案件さえ取れればリピートしてくれる人も多いですよ。食べていけるくらいになるには半年〜1年はかかると思います」

最初からあまり儲けようとしないこと、とも言われました。実績がないので当然ですね。最初は修行と思って低単価の案件から始めてみましょう。

Q. 「職務未経験者がフリーランスで実績を積んでから、IT企業に就職・転職はできますか?」

A.「できます。35歳を過ぎていても実績や成果物で『力がある』と判断されれば可能でしょう」

やっぱりIT系には夢がありますね!

Q.「受講期間はどのくらいで考えればいいでしょう?」

A. 「レッスンは順調に進んでも、最終課題のオリジナルサービスの作成でつまづいて受講期間が終了することも。余裕を持った期間で受講するのがいいでしょう」

受講期間を延長できるとはいえ、有料ですからね。(3セット割りやトレーニングコースは受講期間が固定されいます)

Q.「テックアカデミーとCodeCamp(コードキャンプ)で迷っています(汗)」

A.「テックアカデミーの優位性は、テキストチャットですぐに質問ができるところです。レッスンの間しか質問ができないスクールでは、『質問をまとめておく』などの工夫が必要です。また、『最終課題のオリジナルサービスの公開を目指す』というのも特徴です」

Q.「オリジナルサービスを公開する利点は?」

A.「カリキュラムを受けるだけでは、実践的なスキルが身につきにくいです。スキルを本当に身に付けるなら、やはり自分で考えてサービスを作るのがいちばんです。そしてそのサービスが成果物としても使えます」

Q.「現時点でオリジナルサービスが思いつかないのですが」

A.「カリキュラムを進めていくうちにサービスのアイデアは出てきますし、メンターとブラッシュアップしながら一緒に頑張りましょう」

丁寧に答えて頂きました。ありがとうございました!

無料体験を受けての印象

テックアカデミーは、「実務をこなして行くのに必要な知識や技術を、考えて身に付けさせる」という印象を受けました。

いい意味であまり優しくないです。

目的意識を持って自分でしっかりと学習できる人向けのスクールですね。

とは言えチャットやメンターによるアドバイス、卒業生の就職・転職のバックアップなどのサポートが充実していて、学習していて不安に感じることはないでしょう。

それでは以上です。最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

少しでも気になったら、ぜひ無料体験を受けて見てください。

TechAcademy(テックアカデミー )無料体験はこちら
あわせて読みたい
TechAcademy(テックアカデミー)学習記02【受講を決めた理由と事前準備】こんにちは! プログラミングを勉強するためにオンラインスクールの、特にテックアカデミーとコードキャンプで迷っている方は多いのではな...