DTM・オーディオ

セッティング(置き方)でモニター・スピーカーを劇的に高音質に!

あなたは機材の置き方、いわゆる「セッティング」を意識していますか?

「置き方?プレーヤーの左右にスピーカーを置けばいいんじゃないの?」

もちろんそれでも音楽は聴けます。ですがあなたがいいオーディオ機器を持っているとしたら、それでは宝の持ち腐れです。DTMをやっているのであればなおさらもったいない。

せっかく良い機材を購入しても「安価なオーディオの方がバランスのいい音が出ている」といったことになりかねません。

セッティングについてはいろいろな方法論がありますが、ここでは不変のエッセンスと、僕がやってみて効果のあったものを、細かい理屈は抜きで過不足なく、分かりやすいように説明したいと思います。

セッティング(置き方)の重要性

セッティングの重要性を知らないと、今持っている機材の実力を引き出せていないのに、より高価な機材やオーディオアクセサリーに解決策を求めてしまう・・・。

もちろんそれでは、いつまでも解決するはずがありません。

機材を置く場所、台の材質、両スピーカーの間隔、角度はどうするか・・・。

部屋の広さ、床の材質や、壁からの距離も音に影響を与えるし、機材の前に雑誌を積んだだけでも音は変わります。

機材自体の性能はもちろん大切ですが、置き方もそれに負けないくらい重要なんです。

高価なスピーカーを買ったけど、安価なスピーカーの方がサウンドバランスがいい?

いいスピーカーを買ったのに、「あれ、こんなもんか?」と思った経験はないでしょうか?

高性能のスタジオモニターやハイエンドのスピーカーは、セッティングが甘いとしっかりとしたサウンドバランスになりません。

対して安価なスピーカーは、ライトユーザーのために、適当に置いてもそれなりのバランスで鳴るように作られている印象です。

セッティングで機材の本当の性能を引き出して、音楽を楽しみましょう。

スピーカーの基本セッティング(置き方)

まずは基本とされるセッティングを見ていきましょう。

仮置きなので、最初はアバウトでいいです。基本ができてから音を作り込みましょう。

スピーカーを置く

オーディオ機器はある程度の重量があり、グラグラとしないものの上に置いてください。というのも、実は音の再生に「振動」は非常に大きな影響を与えてしまうんです。

可能な限り、しっかりとしたものに置くのが望ましいですね。

また、両スピーカーを置く台は、必ず同じものを使用すること。左右の設置条件が異なると、チューニングに悪影響が出てしまいます。

床に置くなんてのはご法度です。

スピーカーの角度

まずは角度は正面に向けることをお勧めすします。

この方が自然なサウンドで鳴るからです。音場をコントロールする際に、必要であれば角度の調整をします。

詳しくは「サウンドをコントロールする」でお話しします。

スピーカーの高さ

2wayの場合はリスナーの耳とツイーターの高さがだいたい同じ高さになるように、3wayの場合はツイーターとスコーカーの間と耳の高さが同じくらいになるようセッティングをします。

(おおざっぱに言うと、スピーカーの前面に付いている丸い部分が2つなら2way、3つなら3wayです)

耳の高さに、とは言いましたが、座椅子や低めのソファに座った高さで合わせてしまうと、床からの反射音の影響で音が不鮮明になります。

スピーカーは床から1mくらいは離した方がいいです。高さを変えるとサウンドがクリアになっていくと思います。

何らかの制限があり、スピーカーと耳の高さを合わせられないときは、上向き・下向きに角度をつけるのも選択肢に入ります。あまりに耳とスピーカーの高さがずれていると、サウンドバランスが崩れて聞こえてしまいます。

リスナーとスピーカーの距離、壁との間隔

リスニングポイントと両スピーカーの位置関係が正三角形になるように置くのが基本です。

スピーカーと後ろの壁からの距離も揃えること。距離はできるだけ、2〜30cmほど離したいところ。

できれば左右の壁からの距離も揃えてください。

良い例
f:id:nytheme:20170207123622j:plain

スピーカーと壁の間隔は重要です。わたしたちはスピーカーからの音だけでなく、壁からの反射音も同時に聴いているからです。

また、その反射音がスピーカーからの直接音に影響して、サウンドを良いものにも悪いものにも変えてしまいます。

部屋の響きも重要

オーディオを置く場所に選択肢がある幸せな方は、部屋の響きも確認してみてください。「パン」と手を叩くとわかりやすいです。楽器が弾ける方は演奏してみるのもいいと思います。

圧迫感や音の篭り、耳障りな反響音が少ないほう、位置を選んでください。これらはスピーカーからの音を不鮮明なものにしてしまいます。

部屋に物が少ない場合は反響音が際立って聞こえますが、生活に必要なものを置いて解消すればいいでしょう。

特殊な作りや材質の部屋で、過度の反響が解消できない場合は、吸音材の導入が必要になるかもしれません。

サウンドをコントロールする

今までセッティグを意識しなかった方は、上記の基本セッティングを行っただけでも、かなりの変化を感じたはずです。

ですが、まだまだ理想のサウンドには程遠いでしょう。

「ボーカルにもっと存在感が欲しい」

「低音をもっと量感あるものにしたい」

「分離のいい、クリアなサウンドで鳴らしたい」

「ドラムにもっと迫力が欲しい」

大丈夫です。

これらはスピーカーの置き方でコントロールできます。

ここからがオーディオセッティングの真の醍醐味です!

まずはモノラルで鳴らしてみる

ステレオで鳴らしながらの調整って、ほんとうに大変です。

左右をセットで動かすのは時間がかかるし、何よりそれぞれのスピーカーがちゃんといいバランスで鳴っているかが判別しづらいですから。

まずはモノラルでいい音が鳴るポイントを探していきましょう。
<h3前後の調整で低音と全体のクリアさをコントロールする

モノラルで音を鳴らしながら、スピーカーを前後させます。

音が全体的に不鮮明で、低音が潰れているときは、後ろの壁から離すと改善するでしょう。

これは後ろに回りこんだ低音成分が、壁に反射して直接音に影響してしまうからです。

壁からは2〜30cm離した方がいい結果が出ることが多いですが、離し過ぎると今度は迫力が失われてしまいます。

スピーカーを前後させていると、「おっ」と感じるポイントが見つかります。

いいポイントが見つかったら、もう片方のスピーカーも同じサウンドバランスで鳴るようにセッティングします。

左右の設置環境が同じであれば、スピーカーをミリ単位で揃えれば、両方とも同じ音が鳴るはずですが、「左右の壁からの距離が均等に取れない」というような場合も多いと思います。

そういった場合は、あまり数字に神経質になりすぎず、やはり自分の耳で調整をしていくことをお勧めします。

左右の間隔でセンターの存在感と空間の広がりをコントロールする

センターの調整は、ボーカルありの音源でやると分かりやすいでしょう。

センターを強調したいときは、スピーカーの間隔を狭める。

左右の広がりが欲しければ、スピーカーの間隔を広げる。

狭め過ぎると窮屈に、広げ過ぎるとセンターが希薄になるので、慎重に調整してください。

どうでしょう?

かなりいい感じのサウンドになったのでありませんか?

最後にスピーカーの角度を調整しましょう。

スピーカーの振り角で迫力をコントロールする

まず、スピーカーを正面に向けたままでも十分にいいサウンドで鳴っている場合は、角度を付ける必要はないです。

少しずつ内側に振っていくと、サウンドが力強く、特に打楽器のアタック音に力強さが乗ってくるのがわかる思います。

また、後ろの壁からの反響音の影響を受けにくくなるのでクリアになるので、ロックやハードなジャズをよりパワフルなものにしたいときはお勧めです。

ただしあまり角度を振り過ぎると、音に自然な開放感や広がりが無くなります。

やり過ぎると私は空間が屈折しているように感じ、音に酔ってしまいます。

迫力と自然さが同居しているポイントを探してください。

角度を付けると、センターや低音が強くなり音場が狭くなるので、必要に応じて間隔を広げましょう。(ここからはミリ単位での調整がいいです)

間隔の調整だけで追い込めない場合は、前後に動かし、以上の手順を繰り返します。

サウンドバランスの基準は?

セッティングをいろいろと試しているうちに、どのバランスが正解なのか分からなくなってくると思います。耳が麻痺するんですね。

そのときの基準として、僕の場合はヘッドフォンと同じバランスにするようにしています。

ミキシングをやる都合上、スピーカーとヘッドフォンのサウンドバランスが違うと、作業に支障が出てしまうからです。

パワードモニターのイコライザー

モニターにはイコライザーが付いているが、僕は使っていません。

そこまで質のいいものではないだろうから、音が不自然に歪んでしまいます。イコライザーを使う場合は専用機で調整した方がいいでしょう。

ただしイコライザーで調整するのは最後の微調整に留めること。イコライザーで大きく調整しないといけない状態というのは、セッティングやスピーカーそのものに問題があります。

(飲食店などでの音質調整に使う場合は、この限りではないです。知人のバーでは、客の声が音楽でかき消されないよう中音域を削っているのですが、驚くほど自然なサウンドを提供しています)

オーディオアクセサリーでチューニングする

インシュレーター

スピーカーを台に直置きするのとインシュレーターを挟むのでは、音の広がりやクリアさの違いが歴然です。

入門用としてはこちらが安くて効果も実感できるので、おすすめです。

スピーカースタンド

スピーカーを置く台というのは、なかなか困ります。

エンジニアだと、机の上に置いている方も多いと思いますが、スタンドがあるとセッティングの自由度が違います。スピーカースタンドでサクッと解決したいですね。

電源ケーブル・電源タップ

アンプやパワードモニターの電源ケーブルや、それらに電源を供給しているタップを、オーディオ用のものに変更するだけで音色の変化を楽しめます。

種類や値段はピンキリで、上位のものほど個性的な音になるようです。

ただしむやみやたらに繋いでしまうと、逆に音がもっさりしたりするので注意したいところ。

定番オヤイデの電源アクセサリー。楽器のアンプにも効果絶大です。

オーディオボード

防振対策にスピーカーやアンプの下に敷く。

ホームセンターのブロックでも効果はあるが、オーディオ用はなんといっても美しい。
せっかくだから目でも楽しみたいですね。

インシュレーターと組み合わせると、さらにチューニングの幅が広がります。

製品や材質によって音も変わってきますが、コンコンとノックしたその音がサウンドに乗ると判断していいでしょう。

200Vの電源で機材の性能を引き出す

環境が許すのであれば、是非とも導入してください。

セッティングではチューニングできない根底の部分を、劇的に改善してくれます。

あわせて読みたい
200Vの電源を引いて最高の音質で音楽を聴こう楽器を演奏しているプレイヤー、レコーディングやミキシングをやっているエンジニア、好きなアーティストの曲を聞くだけのリスナー。 それ...

神経質になりすぎない

1mm単位の位置の移動で大きくサウンドが変化することを知ってしまうと、些細なセッティングの甘さが気になってしまうと思います。

こうなってくると手段が目的になってしまい(それはそれで超楽しいのですが)、肝心の音楽が楽しめなくなってしまいかねません。

オーディオゾンビにならない程度に、ほどほどにしてください。(これは自戒も多分にあるのですが・・・)

さいごに

お疲れ様でした。

ここまでたどり着いたあなたのオーディオのサウンドは、以前とは比較にならないほど素晴らしいものになっているはずです。

最後まで読んでくれてありがとうございます。

あなたのオーディオライフが素晴らしいものであらんことを。