国内旅行記

【長崎旅行記】軍艦島ツアーと内部を疑似体験する方法

軍艦島が2015年に「明治日本の産業革命遺産」の構成遺産の一つとして世界文化遺産に登録されたことから、観光地として再び脚光を浴びたのは記憶に新しいですね。

日本の近代化を支えた炭鉱の軍艦島は、当時は日本の未来の姿とも言われていました。

しかし今は廃墟となってしまった軍艦島・・・。

今回の旅行は、単純にただ楽しいだけではない、非常に考えさせられるものでした。

この記事では軍艦島クルーズを催行しているツアー会社や、ツアーのレビューをシェアしたいと思います。

記事のさいごに軍艦島の内部を疑似体験する方法も載せています。

それではよろしくお願いします。

 

軍艦島ツアーを催行している会社

軍艦島へ行くにはツアー会社でツアーに申し込む必要があります。

現在は5社がツアーを行なっていて、各社独自の個性があるので簡単にまとめておきます。

それぞれ1日2回、所要時間およそ2時間半〜3時間のツアーを催行しています。

船の出港場所は長崎駅から少し離れているので、路面電車などの交通機関を利用するのがいいでしょう。僕は観光もかねて歩いて行きました。寄り道せずに真っ直ぐ歩いても2〜30分かかりますね。

※第七ゑびす丸のみ出航場所や催行スケジュールが、他の4社と大きく異なります。

軍艦島コンシェルジュ

https://www.gunkanjima-concierge.com/

上陸・周遊ツアーとセットで事前購入すると、軍艦島デジタルミュージアムの入館料が半額に。

池島散策・坑内探検ツアーのオプションもあり。

TEL:095-895-9300

予約状況はこちら

やまさ海運

http://www.gunkan-jima.net/

軍艦島上陸クルーズのトップシェア。どのツアーよりも船が大きく安心感がある。

TEL:095-822-5002

予約状況はこちら

高島海上交通

http://www.gunkanjima-cruise.jp/

ひときわ目を引くブラックダイヤモンドでのクルーズ。二階席での開放感あるツアーを楽しる。

TEL:095-827-2470

予約状況はこちら

シーマン商会

http://www.gunkanjima-tour.jp/

軍艦島を世界遺産にしたNPO法人の理事長が専属ガイド。実際に島で暮らしていた人の話が聞ける。

TEL:095-818-1105

料金・出航スケジュール

第七ゑびす丸 

http://www.7ebisumaru.com/

釣り船によるクルーズと、軍艦島周辺で釣りが楽しめる、少し変わったツアー。

乗船場所が長崎駅近郊では無いので注意。

TEL:090-8225-8107

予約・問い合わせ

 

シーマン商会の軍艦島ツアーに参加・レビュー

シーマン商会軍艦島ツアーの特徴

・軍艦島で暮らしていた「軍艦島を世界遺産にする会」の理事長が専属ガイド

・軍艦島上陸の記念品がもらえる

・気象状況などにより軍艦島に上陸出来ないときは高島へ寄港

・比較的安い

シーマン商会に決めたのは、NPO法人「軍艦島を世界遺産にする会」の理事長、坂本道徳氏が専属ガイドとして案内をしてくれるからです。

僕は「大きな船で快適に」よりは、快適性は多少低くても軍艦島で暮らしていた人の話が聞けるような「濃いツアー」が好きです。

 

残念ながらあいにくの雨模様です。

前日が記録的な大雨だったためツアーが催行されるか心配でしたが、この日は無事に催行されました。

ですが軍艦島に上陸はできず、代わりに高島に寄港するとのことです。残念ですが仕方ありませんね。

 

それでは「さるくII号」に乗船にします。

 

船酔いが心配

船内はこんな感じです。

さるくⅡ号は大きな船ではないので、まあまあ揺れます。

ですがよほど酔いやすい人でなければ、船酔いを心配はないかな、という感じでした。

 

「軍艦島を世界遺産にする会」の理事長が専属ガイド

クルーズでは「軍艦島を世界遺産にする会」の理事長、坂本道徳(さかもとどうとく)さんがガイドを勤めてくださいました。

坂本さんは故郷の軍艦島を守るために、「軍艦島を世界遺産にする会」を設立した方です。彼の発する言葉には重みがありました。

世界には多くの文化遺産の遺跡・廃墟がありますが、当時そこに住んでいた人の話を直接聞ける遺跡は、そう多くはないのではないでしょうか。貴重な経験をさせていただきました。

元島民が語る軍艦島(シーマン商会ホームページ)

ツアーコースと見どころ・所要時間

シーマン商会のツアーはただ軍艦島を周遊するだけではなく、長崎の港の見どころも楽しめます。

軍艦島が世界遺産なのではなく、軍艦島を含めた建築物を含めて「明治日本の産業革命遺産」なんですね。

「あれも世界遺産なの?」というようなものもありましたよ。

所要時間は片道45分・周遊15分・島内見学45分、計2時間半程度です。

ツアーコースと見どころ(シーマン商会ホームページ)

 

軍艦島の歴史と当時の映像

理事長の坂本さんのお話を聞いて少し感化されたので、軍艦島の歴史と当時の映像を見ました。

軍艦島に行く前と行った後では、少し見え方が変わるかもしれませんね。

 

軍艦島の歴史(Wikipedia)

 

 

さいごに 軍艦島を疑似体験する方法

今回のツアーでは残念ながら軍艦島に上陸できませんでした。

そして上陸できても僕たちが入れるのは軍艦島のほんの一部で、内部がどうなっているかまではほとんど見ることができません。

ですがグーグルマップのストリートビューを使えば、軍艦島の内部を歩く疑似体験ができます。

軍艦島のストリートビューへのリンクを貼っておきます。ストリートビューはスマホでも見れますが、パソコンなどのできるだけ大きな画面がお勧めですよ。

 

>>グーグルマップストリートビューで軍艦島を体験する